仕事

職場で私だけに嫌がらせをする人がいます(逆エンパス)

ノートパソコン

職場でなぜか自分だけ嫌がらせを受けることがありますか?

転職しても、なぜか同じような人に攻撃される。

その場合【逆エンパス】の可能性があります。

逆エンパスは職場で嫌がらせを受けやすい

逆エンパスは、普通にしていても一定数に妬まれます。

目立たないように、ひっそり息をひそめていても、なぜか人から目をつけられて粘着されるんですね。

逆エンパスは、生まれつき強いエネルギーを放っているので。地味なメイクをしても、無口になっても、オーラが滲み出ているんです。

だから【なんとなく】気になる存在感を持っているんです。

そんなオーラを持っている自覚がないと、小さく無理やりエネルギーを閉じ込めようとするんですね。

「傷つけないように」「怒らせないように」

本音を言うと嫌われると思って、本来持っているものを必死で隠そうとする姿に、周囲は違和感を持ってイライラするのです。

あなたが必死で本音を隠すほど、周りからは「本音を隠してなんか信用できない人」と思われて、いじめられるんですね(;´Д`)

▷実は逆エンパスかも!?敵を作りやすい人のエネルギーの使いかた

職場だって本音をぶちまけていい!!

自分だけなぜか嫌がらせを受ける人は、感情を隠さず出した方が上手くいくタイプです。

「疲れたぁ〜」とか、「あの人の言葉が気になる」とか。

プチ暴露みたいな感じで、目の前の席の人に報告してみてください。

愚痴を言ったらいけないと、当たり障りない会話しかしていないと、相手はますます不信感を抱くのです。

毎日過ごす職場だからこそ、本音をぶちまけて居心地の良い環境を作るんだ!という気持ちで。

本音をぶちまけるときは、次のことを意識してください。

  • 相手に改善を求める気持ちを捨てる
  • 嫌われる覚悟を持つ
  • 小出しにする

「ぶちまける」と言うと、自分勝手に当たり散らすようなイメージがありますが。

私の言う本音をぶちまけるとは、心の扉を解放させて、内側から湧き上がる感情を、相手の負担にならない程度に届けるという意味です。

相手のことも考えた「本音のプチ暴露」をすると、人間味がグーッと増して好感度が上がります!

嫌がらせする人は「可哀想な人」

嫌がらせをして、あなたの足を引っ張ろうとする人は可哀想な人。

心理学者アドラーの「課題の分離」は、他人の悪意へ対処をしたいときに、とても有効です。

アドラーは、「嫉妬心は相手の問題であって、あなたが操作できるものではない」と言っています。

吸収することが癖になっている逆エンパスは、目立ちたがり屋の妬みを買いやすいから、課題の分離ができるとすごく楽になりますよ!

つまり、

あの人が自分に自信がなくて嫌がらせすることと、私の存在価値には何の関係もないんだ。

と思えるようになりますよ。

created by Rinker
¥1,650 (2021/01/20 14:50:53時点 Amazon調べ-詳細)
関連記事